Panpedia

パンペディアは pain+enciclopedia(事典)の造語です。

2018-11-12から1日間の記事一覧

クロワッサン(Croissant)

クロワッサンはオーストリアのウィーンが発祥地です。 トルコ軍との戦争に勝利したオーストリアが、トルコ軍の紋章であった三日月を形取っ たパンを作成して祝ったのが始まりと言われています。 最初は生地のみを巻いた成形方法でした。(油脂を折り込まずに…

デニッシュペストリー(Denishu Pastry)

デニッシュとは「デンマークの」という意味です。 デニッシュペストリーと呼んでいるのは日本とアメリカのみです。 日本では「パン」の認識だが欧米では菓子類の位置付けです。 クロワッサンと一緒に洋菓子店にもよく並んでます。 生地に油脂を包み、折り重…

プレッツェル(Brezel)

プレッツェル型と呼ばれる成形方法ができるくらい特徴的な形。 可愛らしいですね。 ホイロ後にアルカリ溶液にくぐらせてから焼成することで独特のツヤ、てかりがある 外観に焼きあがります。 アルカリ溶液は苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)3~4%溶液を使用…

ルヴァン(Levain)

ルヴァンとはフランス語で「種」という意味です。 基本的には粉と水の2つの材料からつくられるもので空気中だったり、粉に付着している酵母を利用します。 種を「起こす」「継ぐ」という使い方をしますね。 使用することで生地の柔軟性と伸展性が増し、成形…